トップ > 食育コラム > 節分

節分

2017年02月2日

 

2月に入り、28年度もそろそろ終わりが近づいてきました!テスト勉強もあり、大変な時期だと思います。

寒さに負けず、元気に過ごしていますか?? 今日は2月の行事である、節分について紹介します☆      th2YPHEVC6節分


 

節分とは?

節分とは「季節を分ける」という意味があり、立春、立夏、立秋、立冬の前日のことを言います。中でも旧暦で新年の始まりと重なることの多い立春の前日が最も重要視されていたので、節分といえば、一般的に立春の前の日を示すようになりました。

 

今年の節分の日は2月3日です!           c63eef03043e97c3c9593010752c0d36 c63eef03043e97c3c9593010752c0d36

 

節分といえば!!

恵方巻を食べることが有名です。

恵方巻は七福神にならって7つの具を入れた巻きず寿司で、「福を巻き込む」という願いが込められています。

 

ちなみに、恵方巻を切らずに丸かぶりするのは「縁が切れないようにする」ためです!

 

ここで、酢飯の作り方と巻き寿司の巻き方を紹介します!

ぜひ、今年の節分は手作りの恵方巻を作ってみてください(^▽^)/

北北西を向いて食べましょう!

 

~酢飯の作り方~

恵方巻1本分の材料

・米         80g

・水        100g(米の1.3倍)

・だし昆布      1g

合わせ酢

・酢         12g(飯の重量の6~7%)

・砂糖       4.5g(飯の重量の2~3%)

・塩        1.3g(0飯の重量の.7%)

①米は洗浄し、炊飯器にだし昆布と水を入れて炊く。

②飯が炊きあがったら器に移し、熱いうちに合わせ酢をかけ、うちわであおぎながら混ぜ合わせる。

 

簡単な恵方巻の中身の具

・薄焼き卵          ・椎茸           ・桜でんぶ

・きゅうり          ・にんじん         ・レタス

・かにかまぼこ        ・かんぴょう        ・刺身

・ほうれん草         ・カイワレ大根       ・牛肉の甘辛煮

・ツナマヨ          ・しそ

自分の好きな具を7種選んで巻き、オリジナルの恵方巻を作ってください!

 

巻くときには、ラップを下に敷いて一緒に巻いていくと綺麗に巻けます☆

①ラップを海苔よりもひとまわり大きめに敷く。

②ラップの上に海苔を置く。

③海苔の上に酢飯を薄く広げる。その際に、巻き始めと巻き終わりの海苔を少し残しておく!

④酢飯の手前側1㎝くらいのところに具材をのせる。

⑤ラップの手前端を持ち上げ、ラップをかぶせ、少し押さえながら巻く。          img_27943_3212994_3恵方巻